ニキビ跡に効く「ケミカルピーリング」ってなに?

ニキビ跡はいろんな原因で発生しますし、状態も人それぞれ。 改善していくためには生活習慣を正したり、スキンケアも大切。紫外線対策も! ただ、それだけでも足りないので、そんなときに、エステサロンがおすすめです。

ニキビ跡に効く「ケミカルピーリング」ってなに?

ニキビ跡に効く「ケミカルピーリング」ってなに?ニキビ跡は厄介な肌トラブルのひとつ。できてしまうと落ち込みますし、目立つから困りますよね・・・!

 

しかも、なかなか消えません。でも、正しいお手入れ、たとえいば、セルフケアでもビタミンCやコラーゲンなどの成分を取り入れたり、美白成分によって目立たなくすることもできます。

 

もっとも、ニキビ跡を効率よく改善するなら、専門のコースがあるエステサロンや、皮膚科での治療がおすすめです。

 

ニキビ跡を改善する施術にはいろいろあります。「イオン導入」や「レーザー治療」、そして「ケミカルピーリング」です。この中でもポピュラーなのが、ケミカルピーリングですね。皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。

 

ケミカルピーリングとは、フルーツ酸などを肌に塗って、古い角質や毛穴汚れを取り除く施術です。もっと簡単にいうと、古い角質を剥がれ落として、新しい細胞を生み出すための方法です。

 

肌というのは、基本的に28日サイクルのターンオーバーによって正常な状態がキープされています。

 

ターンオーバーが整っていれば、常に新しい細胞に生まれ変わっているので健やかできれいな素肌を維持できます。それが、乱れてしまったときにニキビ跡も定着してしまいますし、くすみなどの元になります。

 

ケミカルピーリングで古い角質を落とすことでターンオーバーが促されて、新しい細胞に生まれ変わり、きれいな肌になるという仕組みになっています。

 

ここ最近ではとてもポピュラーな美容法になっていて、医療レベルより劣りますが、市販でもピーリングジェルやピーリング剤が販売されていて、自宅でもピーリングケアができます。

 

ピーリングケアをしたあとは、肌は汚れもない状態で、しかも無防備なので、素早く丁寧にスキンケアを施すと、いつもよりも化粧水や美容液の美容成分が浸透しやすくなります。

 

ただ、無防備でデリケートなので、かみそりで脱毛をするなどの肌にダメージを与える行為とは組み合わせて行わないようにしてくださいね。

 

また、自宅用ではいまいちという場合でも、やはり、サロンやクリニックでのピーリング施術はレベルが違うので試す価値ありです。